オウンドメディア・ポータルサイトとは

日本のメディアユーザーよ、これがポータルサイトの種類だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


最近では多くのポータルサイトがネットに混在しており、どんな種類があるのかは中々わかりにくいのが現状です。

今回はポータルサイトの種類をご紹介して、今後サイトでポータルサイトを見たときにサイトの種類が分かるようにしました。

これがポータルサイトの種類!

  1. 情報コンテンツ系
  2. マッチング系
  3. ショッピング系
  4. コミニケーション系
  5. その他

簡単に分けるとこのような感じです。

以下、ひとつずつ見ていきたいと思います。

 

検索するときは○○系のポータルサイト

1.情報コンテンツ系

・・・コンテンツが集積されているサイト。リンク集、情報が沢山集まっているのが情報コンテンツ系(橋本質問:価格ドットコムはこちらに該当するのでしょうか)価格ドットコムなどは情報コンテンツ系にあたります。このサイトは誰しも見たことがあると思います。特定の商品をサイト内で検索をすると、最安値のショップがすぐにわかる便利なサイトです。

 

プラットフォームの広いサイトが多い○○系

2.マッチング系

  • ・・マッチング系は誰かと誰かを繋ぐサイトになります。資料請求、問い合わせ、後は店舗型とか出品型のものもこれにあたります。楽天、Yahoo!ショッピングなどもこれにあたります。

 

買いたい人と売りたい人の架け橋になっているポータルサイト

説得力とともに○○をしてもらうポータルサイト

3.ショッピング系

  • ・・ショッピング系は上のマッチング系と似ています。ポータルサイトの中で、ショッピングが出来るサイトです。

例えば全国の職人さんが作っている醤油をつくる人を集めている「醤油ポータルサイト」というものがあります。

全国のこだわっている人好きな人は知っているサイトなんですがこちらも数名で運営しているサイトにもかかわらず、醤油検索で常に上位3位に入ってきます。ウィキペディアの下にでてくるサイトです。

自分のジャンルで検索したらウィキペディアの下に出てくるようにできたら、権威化も容易です。

目的は販売なのでショッピング系にあたります。

 

顔がみえないからこそのポータルサイト

4.コミニケーション系

  • ・・ブログ コメント 掲示板(橋本質問:発言小町、ガールズチャンネルなどでしょうか、FBはどうでしょうか)人は人と繋がりたい、という心理は今もあるので匿名同士の気軽なやりとり、というのは今後も衰退はしないと思います。

検索して出てこなかった、というのがないのがポイントになるサイトも

5.その他

・・・検索エンジン系など(橋本質問:@コスメがこれにあたるような気がしますがあっておりますか?)アットコスメというサイトをご存じでしょうか。女性なら、自分の使っていたコスメを調べるときにかなり見たことがあるかもしれません。マニアックなものでも、かなり前のコスメでも、会社問わずに載っているので「みつからない」ということがありません。

 

5つの機能を複数持っているポータルサイトが多いです。

弁護士ドットコムなどはショッピング以外はほぼ網羅している良い例でしょう。

 

また、ポータルサイトの考え方としてポータルサイト4つのCをご紹介したいと思います。

 

どんなポータルサイトを作っているときも、

ずっと4つのことを考えています。

C1カリスマ
C2コンテンツ
C3コンタクト
C4コーポレーション

それぞれの解説は、こちらこちらに載せていますので、参考にしていただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ポータルサイト事業入門講座


入門講座の内容を確認する