オウンドメディア・ポータルサイトとは

集客できるジャンルの見つけ方とポータルサイトの自動集客度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ポータルサイトは勝手に集客してくれる自動集客マシーン

今回はポータルサイトの集客効果についてです。

 

以前も取り上げましたが、弊社が手がけたお客さんのサイトで物産品を紹介しているサイトがあります。
全国の物産品、名産品を扱うお店と全国のデパートなどで開催される物産展を繋ぐポータルサイト「物産展ドットコム」です。

ココが凄いよポータルサイト

こちらは毎月15万人のユーザーが訪れていて、毎月のPV数が65万人PVあります。

 

web-styleさん調べでは、普通の企業のサイトは月間ユーザーが500−1000人辺りでユーザー数=アクセス数の伸び悩むという第一の壁に突き当たるそうです。

その壁を何とか突破しても、次はユーザー数3000人で伸び悩む第二の壁にぶつかります。
その数字とくらべても、ユーザーが15万人はかなりの数です。自画自賛ですが、ポータルサイトという形だからこそ出せる数字だと思います。

 

次にジュニアサッカーチームの無料PRサイト、「LALAジュニアサッカー」を使って解説します。
こちらのサイトは毎月20万人ユーザーです。PVは毎月100万PVです。

 

と、ここまで説明すると「そのために、どれだけ大量にリスティング広告をかけているんですか?」と質問されることがあります。

 

実は、SEO対策とかはなにもやっていません。

何もやっていないというのは語弊がありますが、一般的にやるような広告内などは本当にやっていないです。
途中、チューニングはしますが、そこからは何もしません。

 

どうしてかというと、事前の準備にかなり時間をかけているからです。

設計段階で検索上位になるため、どういうキーワードが入れた方がいいのかなどを調べて決めます。それが後々のSEO効果につながり、集客効果につながります。「営業は準備が9割」という本が売れましたが、ポータルサイトも準備が9割と言っても過言ではありません。

 

改めて言います。SEO効果、集客効果はポータルサイトの特徴である権威化、収益化に並ぶ大きなメリットです。

集客できるポータルサイトの特徴を活かす

集客できるポータルサイトの特徴を活かそう

実際にポータルサイトは集客装置として良い働きをします。
永続的なユーザーや顧客の集客を実現でき、専門サイトだからこそ、検索上位に表示されやすいです。
そして、一般サイトと比較してポータルサイトはコンバージョン率が高いです。

 

こんなジャンルをみつけたらすぐにポータルサイトを作ろう!

あまり言いふらしたくないのですが、ポータルサイトが事業化できるジャンルの調べ方があります。
シンプルに言いますと、ネットで検索です。

色々な分野でネットで検索をかけると、どんなサイトが上位に上がってくると思いますか?
10位以内で2つくらいがポータルサイト、2つくらいが通販サイトです。

我々がよくやる方法として検索してポータルサイトが10位以内に1つしかないか、無いジャンルを見つけたら、事業化するのがオススメです。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は集客装置としてのポータルサイトについてでした。
普通は自社のサービスは他と比較されるものだと思うのですが、

ポータルサイトの場合は他と比較しなくてもその中で入っている訳です。
その特性の効果として、感覚値としてコンバージョン率、注文率、資料請求率が通常の3倍くらいあります。

そんなポータルサイトをどのジャンルで作ったらいいのか。

簡単に見つける方法を載せてしまっていいのでしょうか?サクッと作られちゃうんじゃ・・・・・・。
心配は無用です。集客できるジャンルがわかった後、実際に構築するのが凄く根気のいる作業だからです。本当に作りたい方は、お気軽にご相談ください。

 

よければ好評だったこちらの収益化についての記事もどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ポータルサイト事業入門講座


入門講座の内容を確認する