Webライターになるための勉強って何をどうすればいい?

ライティング

今回は、Webライターになりたい、興味があるという方へ向けて、Webライターになるために必要な勉強についてご紹介します。Webライターって在宅で稼げて魅力的だけど、何を勉強すればいいのかわからない。必要なスキルが知りたい。そんな方へ「Webライターになるための勉強」についてご説明します。

Webライターに求められるスキル

結論からいうと、Webライターになるのに特殊なスキルや学歴は必要ありません

よくある誤解として、「Webライターは文章の達人じゃなくてはならない」というものがありますが、これは正しくありません。ベストセラー作家のような気の利いた言い回しや、芸術的な言葉のセンスは必要ないのです。もちろん、最低限の日本語能力は必要ですが、多くの人が想像しているよりもずっとハードルは低いです。

ではWebライターに必要な日本語力ってどんなものかというと、素晴らしい表現力ではなく、「適切な情報を集めてきてまとめ、わかりやすく文章で説明する能力」です。文章を生み出すというよりも、何かについて教えてあげるイメージです。

Webライターに必要なスキル
    • テーマを説明するのに必要な情報を集める能力
      (インターネット検索や参考書籍の読み込み、取材など)
    • 集めた情報を取捨選択して組み立てる能力
    • 情報をわかりやすく伝えるための最低限の日本語力

 

他にWebの特徴として、情報が届かなければ意味がないので、届けるための技術=SEOの知識も必要です。SEOというと一気に難しそうに感じるかもしれませんが、最初は概要だけわかっていれば十分です。

最低限身につけたいWebライターに必要な基礎知識とスキル

それでは、Webライターに求められている各スキルについて、詳しくご説明します。

リサーチ能力

Webライターは「書く能力」が重要だと思われている方が多いのですが、実際にはリサーチ能力がとても大切です。どう伝えるかも大切ですが、その前に伝える中身がなかったり適切でなかったりすると、話ははじまりません。また、誤った情報を伝えないように情報を見分ける能力も必要です。

まずは勉強して最低限の知識を身につけましょう。その後は、普段から意識をして情報に接していくこと、案件を通じて経験を積むことにより、リサーチスキルを伸ばしていくことができます。

最低限の日本語力、文章作成能力

Webライターに必要なのは、情報を正しく伝えるための最低限の日本語力、文章作成能力です。最低限とはどれくらいかというと、大体中学3年生が理解できる文章を目安にするといいでしょう。専門的な文章はこの限りではありませんが、基本的には「ほとんど誰が読んでもパッと意味を理解できる文章」がWebライティングで求められている文章です。

文章作成の基本テクニックは書籍やブログ、講座などで勉強できます。漢字とひらがなのバランスや同じ語尾を連続させない、PREP法などの基本的な文章作成技術の他、タイトルや見出しの付け方などWeb独自のテクニックもあります。実務を通しても身につけられますが、ある程度は時間を取って勉強すると成長が早いでしょう。

SEOの知識

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化という意味です。作成した記事をGoogleなどの検索エンジンで上位表示させるためのテクニックです。

記事の内容をSEOで評価されやすいようにすると、検索結果の順位が上がり、Webサイトへのアクセスを増やすことができます。検索結果で上位表示されれば、そのワードで検索して情報を求めている人に自分の記事を見てもらえる可能性が上がります。また、順位が下がらない限り、継続的にアクセスを獲得できます。

ITスキル

本格的なプログラミングの知識は必要ありませんが、WordPressなどのCMS入稿はできるようになることをおすすめします。Word納品の仕事もありますが、身につけると扱える案件数が増えます。また、業務範囲を広げることで単価も上げやすくなります。プログラミングができるレベルにまでなる必要はありませんが、ツールやソフトを、調べながらでいいので使えるレベルのITスキルはあった方が良いでしょう。

コミュニケーション能力、最低限のマナー

意外に未経験の方が見落としがちで重要なのがコミュニケーション能力や最低限のビジネスマナーです。Webライターは在宅案件が多く人と関わらずにできる仕事だと思われがちですが、クライアントとのやりとりは欠かせない重要な業務の1つです。

適切に要望をくみ取って記事という形にするのがWebライターの仕事。クライアントの要望を正しくくみ取るには、コミュニケーション能力が欠かせません。

他に納期を守る、連絡がスムーズに取れる、レギュレーション(記事作成のルール)に従うなど、在宅であっても仕事だという意識を忘れず、しっかり社会人としての対応を心がけましょう。

Webライターになるための勉強方法

Webライターに求められる知識やスキルを身につける具体的な方法をご紹介します。

独学

多くの人がまず考えるのは独学です。ブログYouTubeなどで基礎を学びます。多くのWebライターがさまざまな媒体で発信をしているので、たくさんの情報を見つけることができるでしょう。

その他、図書館にもWebライティングの本はありますし、購入する場合でも本であればそんなに高くありません。

注意点としては、無料の情報は体系化されていないことが多く、効果的に学習することが難しいため、時間がかかりがちということです。また、無料で教えているのは浅い入口の知識だけで、本格的な知識は有料講座のみという発信者もいるので、完全無料で学びたい人は見極めをしっかりしましょう。

講座

多くのWebライターやWebメディア運営会社がWebライター向けの講座を開催しています。幅広い期間や金額の講座が開催されているので、予算や学びたいことに合わせて選択することができます。最近では、お仕事の発注が確約されている講座、つまり実務経験を積める講座まであります。

無料だからダメ、高額講座だから稼げるWebライターになれる、最速でデビューできるというわけではないので、自分の現在のスキルや受講後の理想の姿を考慮に入れて最適な講座を選択しましょう。

日常的にWebメディアに触れる

自分の目指すジャンルのメディアを日常的に訪問して記事を読むのも勉強になります。記事を通して業界の知識が得られるだけでなく、流行りのコンテンツやメディアごとのトーンの違いなど日常的に触れている人だけが肌感覚として知れることがあります。

学んだら実践! 最初の一歩を踏み出そう

どんな仕事でも、どんなに学校で専門的な勉強や訓練をしても、実務になるとひよっこ、そこからスタートになりますが、Webライターも例外ではありません。なるべく早く実務経験を積むことが成長速度をアップさせます

ある程度業界やライティングについての基礎知識を得たら、案件獲得を目指しましょう。クライアントから指摘を受けたら凹むのではなく、成長の糧にしてください。

スキルアップしてより稼げるようになるには

無事Webライターデビューを果たし、安定して案件を受注できるようになったら、次は単価を上げたいですよね。このスキルを身につければ単価アップが狙えるというスキルを3つご紹介します。

SEOで結果を出せるようになる

言うまでもなく、SEOで結果を出せる記事を書けるライターは重宝されます。本格的にSEOの勉強をして成果を出しましょう。検索上位記事を書いた実績を積めば積むほど、依頼は安定し、単価も上がります

取材案件を受ける

取材記事を書けるようになると単価はぐっと上がります。ただし、こちらは1人で行う情報収集とは違い、相手から必要な情報を引き出すスキルが必要になってきます。円滑にコミュニケーションを取りながら記事に必要な材料を集めるのは、簡単なことではありません。事前に記事の方向性の確認や取材対象の調査などの準備をしておくことが欠かせません。
最低限、ある程度記事の構成を考えられる、記事を作る目的を意識できるレベルでないと難しく感じるかもしれません。ライターとしての経験を積んで実力をつけていくのはもちろん、取材スキルを身につけられる講座も多数開催されています。

構成や編集ができるようになる

どんな仕事でも大抵上流工程にいくほど単価が上がります。Webライターの場合は、編集者ディレクターになれば単価が上がります。とはいっても、実際に編集者やディレクターになる必要はなく、そういった業務まで担当できるライター、全体の流れを意識できるライターになれれば十分です。

たとえば、記事構成を作れるようになれば、当然執筆だけをしていた頃よりも単価は上がります。クライアントから任される仕事の範囲を広げるイメージです。

Webライターになるための勉強法のまとめ

Webライターになるための勉強について、基本的な情報をご紹介しました。問題なのは、何でどうやって勉強したかではなく、何を身につけたかです。まずはご自身の現状、目指すライター像と期限を決めてやるべきことを明確にしてください。

ひとつずつ確実にクリアしていけば、Webライターに求められている知識やスキルを身につけられます。あまり気負いしすぎず、できることからはじめましょう

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA